OnePlus 12が中国で12月11日に中国で販売されました。
この記事を見ている方は、きっとOnePlus12の購入を検討している方ですよね?

そして、まず最初に確認するべきはOnePlus 12が今自分で使っているキャリアの電波を受信できるか?という点です。

せっかく購入しても電波を受信できないなら、鉄の塊と同じです。
そうならない為に、まずはお使いのキャリアの電波を受信できるかチェックしておきましょう。

こちらの記事を確認すれば、OnePlus 12が主要キャリアのドコモ、ソフトバンク、AU、楽天モバイル、さらに格安SIMへの電波へ対応しているか確認できます。

購入を検討中の方はぜひチェックしてみてください。

fet shop

OnePlus 12の対応バンドをご紹介

n28バンドに関して複数情報がありますので、ただいま確認中です。
まずは、OnePlus 12の対応バンドをご紹介しますね!
下記の表をチェックしてみてください。

  One Plus 12の対応バンド
4G回線:FDD,TDD FDD( B1、B3、B4、B5、B7、B8、B18、B19、B20、B26、B28、B66 )
TDD( B34、B38、B39、B40、B41 )
5G回線 n1、n3、n5、n7、n8、n20、n28a、n38、n40、n41、n66、n77、n78

いろいろなバンドに対応していますね!
それぞれのバンドがどのキャリア使われているのかもチェックしてみましょう。

主要キャリアや格安SIMへの電波対応について

いろいろなバンドがあるのはわかりましたが、
重要なことは自分のキャリアにOnePlus 12が対応しているかですよね。

主要キャリアのドコモ、ソフトバンク、AU、楽天モバイルのバンド対応について、さらに格安SIMへのバンド対応についてもご紹介します。

ドコモのバンド対応について

docomoのロゴ

ドコモで使われているバンドは下記の通りです。

  OnePlus 12のドコモ回線バンド対応について
ドコモの提供バンド 4G回線( B1、B3、B19、B21未対応、B28、B42未対応
5G回線(n28a、n78、n79未対応n257未対応
OnePlus 12はドコモで利用可能
n28バンドに関して複数情報がありますので、ただいま確認中です。
主要バンドを使えるためほとんどの環境で利用できそうです
5G回線に関して、n79非対応のため『瞬速5G』の一部一部回線が使えません

主要回線を使えるため、基本的に電波が悪くなるということはなさそうです。
ただし、5G回線を使いたいという方には、n79回線が使えないので5Gの一部回線が使えません。

ドコモの5G回線について

ドコモはn78、n79、n257バンドが瞬早5Gになります。

重要度としてはn78とn79が同等で、n79が使えないため瞬早5Gの半分は使えない感じです。
n257はとても高速な5G回線ですが、エリアが非常に狭いこともあるので、個人的には気にしなくてもいいかな?という感じです。

基本的には4G回線が全国をカバーしているので、5G回線が繋がらなくても4G回線に接続するため圏外になることはほぼありません。ただし、どうしても瞬早5G回線が使いたいという場合は、n78とn79に対応した端末が良さそうです。

n78とn79バンドに対応しているオススメ端末はvivo X100 Proもオススメです。

ドコモの4G回線について

ドコモの4G回線ではn42が未対応です。

n42はプレミアム4G回線で、対応していればより早い4G回線に接続できます。
これに関しては、個人的には重要視は低いです。4G回線でも十分早いかな。という印象ではあります。

ソフトバンクのバンド対応について

ソフトバンクのロゴ

ソフトバンクへのバンド対応については下記の表をご確認ください。

  OnePlus 12のソフトバンク回線バンド対応について
ソフトバンクの提供バンド 4G回線( B1、B3、B8、B11、B28、B41、B42未対応
5G回線( n28a、n77)
OnePlus 12は ソフトバンクで利用可能
n28バンドに関して複数情報がありますので、ただいま確認中です。
主要バンドを使えるためほとんどの環境で利用できそうです

ソフトバンクの5G回線対応について

ソフトバンクの5G回線には全て対応しています。5G回線を使う分には不自由なさそうです。

ソフトバンクの4G回線対応について

ソフトバンクの4G回線では、B11とB42が未対応です。

バンド11は対応エリアが狭いと言われています。なので重要度は低いです。

そして、ドコモと同様ですが、バンド42はプレミアム4G回線でより早い4G回線です。

AUのバンド対応について

AUのロゴ

AUへのバンド対応については下記の表をご確認ください。

  OnePlus 12 のAU回線バンド対応について
AUの提供バンド 4G回線( B1、B3、B11未対応、B18、B26、B28、B41、B42未対応
5G回線( n28aまたはn28b、n77、n78、n257未対応
OnePlus12は AUで4G主要バンド利用可能
n28バンドに関して複数情報がありますので、ただいま確認中です。
5G回線も不自由なく使えそうです

AUの5G回線対応について

AUの5Gバンドはn257のみ未対応です。
このバンドは対応エリアが非常に狭いので重要度は低いです。

AUの4G回線対応について

AUの主要な4G回線は全て利用できます。
B11とB42は未対応です。

バンド11は対応エリアが狭いため気にしなくてもOKです!
バンド42に関してはプレミアム4G回線です。

楽天モバイルのバンド対応について

楽天モバイルのロゴ

楽天モバイルへのバンド対応については下記の表をご確認ください。

  OnePlus 12の楽天モバイル回線バンド対応について
楽天モバイルの提供バンド 4G回線( B3、B18、B26 )
5G回線( n28b未対応、n77、n257未対応
OnePlus 12 楽天モバイル利用可能
n28バンドに関して複数情報がありますので、ただいま確認中です。
AUパートナー回線も利用可能

楽天モバイルの5G回線対応について

楽天モバイルの5G回線はn28bとn257に未対応です。

ドコモと同様ですが、n257回線は対応エリアが非常に狭いため重要度は低い回線です。
しかし、プラチナバンドは未対応です。

楽天モバイルの4G回線対応について

楽天モバイルの4G回線のバンド全てに対応しています。
そのため、楽天モバイル回線、AUパートナー回線の両方を利用できます。

格安SIMへのバンド対応について

つづいて紹介するのは格安SIMへの対応についてです。

格安SIMは各キャリアごと出されていますが、基本的にそのキャリアのバンドを使うと考えてOKです。
ですので、ソフトバンク系の格安SIMの場合はソフトンバンクのバンドをチェックして、ドコモ系の格安SIMの場合はドコモのバンドをチェックすればOKです。他のキャリアも同様です。

ですが、まれに格安SIMで主要キャリアのバンドとは異なるバンドも使われている可能性もあるため、不安な場合には公式サイトよりご確認ください。

海外スマホをはじめて利用される方へ!

ハイスペックなパーツが搭載されているスマートフォン

こちらの記事では、OnePlus 12の各キャリアが提供するバンドに対応しているか?記事にしました。
基本的には問題なさそうですよね!

そして、もしかしたらこちらの記事を見ている方のなかには、「はじめての海外スマホの購入をする」という方もいらっしゃるかも!

そんな方に伝えておきたいことが、海外スマホを利用する際は日本語言語が端末で設定可能か?という点や、Googleプレイストアのインストール方法などは事前にチェックしておきましょう!

基本的にはこの2点を押さえておけば基本的には十分利用できるかな?と思います。
日本で発売されているスマートフォンと比較して、ハイスペックなスマートフォンが多数あります。ハイスペックスマートフォンをお求めの場合は、ぜひ海外のスマートフォンをご利用してみてください!

OnePlus 12が安い!